スポンサーリンク

ノートPCスタンド、MOFTとKickflipを比較。良い買い物でした。

スポンサーリンク

仕事用のノートパソコンはLenovoの13インチ、私用ではMacBookPro 13インチを使っています。

Lenovo用にMOFTを買って、キーボードに角度をつけるようにしたら、すごく快適でした!
※追記:平日は毎日利用して10ヶ月経ちますが、安定感は購入時と変わらず利用できています。

これに慣れると、家で素の状態のMacBookに違和感を感じて、Kickflipを買い足し。

なぜもっと早く買わなかったのだろうと思うほど、どちらも、とても快適です。ちょっとした違いを写真付きで紹介します。

nana
nana

本体に装着可能で、薄く、在宅勤務で省スペース希望な人にもお勧め!

スポンサーリンク

装着することで得られるメリット

わずか数ミリの薄い部品をつけるだけですが、次の効果が得られました。(個人の感想です)

  • モニターの位置が高くなり、目線が上がる
    • 覗き込まなくてよくなるので、姿勢が良くなる
  • キーボード面に傾斜がつくことで、手首が自然な角度になり、疲れにくくなる

ノードパソコン作業時は、猫背で、ディスプレイを覗き込む姿勢になりがちです。

装着し、目線が上がることで姿勢が良くなったと感じています。また、手首の角度が変わることで、1日中作業していても疲れ方が変わりました。

はじめに

MOFT

アメリカ・シリコンバレーにあるLeMore社の製品。発売当初はクラウドファンディングで話題を集めました。少し弾力性がある、柔らかい触りごごちです。粘着式で何度でも張り替え可能。

「粘着有り・排気口有り」モデルを購入。写真のように粘着面に穴が空いています。

残念ながら、私のノートPCでは、穴の位置と位置が合わず、ノートPC側の排気口を一部覆うことになってしまいました。触ってみると少し熱を持っています。ただ、持ち上げて使う分は、排熱されやすくなっているようにも思います(スタンドなしで机の上に置いていた時も、少し熱を持っていたので)。

下の写真はスタンドを閉じたところ。穴が空いていない部分を、白斜線で塗ってみました。

MOFT:薄くて、軽い(3mm, 重さ 89グラム)

排気口有りを希望する場合は、ベンチレータホール付きを選んでくださいね。

blueLounge Kickflip

こちらはMac利用者に長く愛されている、定番中の定番。本体にblueLounge社のロゴが刻まれています。

プラスチックで硬めの素材です。

吸着面は、石鹸水で優しく水洗いすると粘着力が戻る、とあります。つまり何度でも張り替え可能。

Kickflip:とにかくスタイリッシュ、刻まれた blueLoungeロゴもかっこいい

13インチ用と15インチ用があります。購入時はお間違えのないよう。

MOFTとKickflipを比較

両方を使ってみて、気づいた違いです。

角度の違い

現在利用中の物を、キーボード面の傾きを実測しました。

  • MOFT:13度、23度(2段階可能)※仕様では15度、25度
  • Kickflip:9度

MOFTは折りたたみ方によって、高さが2段階調節できます。私は専ら低い方の13度の状態で使用しています。

最初にMOFTを2ヶ月くらい使用し、その後Kickflipを導入しましたが、9度と13度の違いは感じませんでした。

【角度の違い】Kickflip(手前、9度)と、MOFT(奥、13度)

【角度の違い】Kickflip(手前、9度)と、MOFT(奥、23度)

横から見ることはあまりないですが、Kickflipは折り紙のように美しく、Kickflipにはシンプルな機能美があります。

その他の違い

安定感(打鍵時にグラグラしないか?)

キーストロークは普通の強さの女性です。

Kickflipは抜群の安定感。MOFTも13度で使う分には全く問題ありません。

  • MOFT:
    • 13度では◎
    • 23度では、ディスプレイの角度によっては後ろに倒れそうになるので、少し気を遣う
  • Kickflip:◎

持ち運び

手で持ち運ぶには、どちらも本体に吸着しているので、全く不便はありません。

ケースに入れるときに、Kickflipは若干厚みがあるので、ケースのサイズがぴったりの人は窮屈に感じることもあるでしょう。

結論:どっちを買えばいい?

正直、どちらもオススメです。強いて言うならば

  • PCを入れるケースが薄い:MOFT
  • 高さを2段階選びたい:MOFT
  • 見た目にもこだわりたい:Kickflip

MOFT

MOFT:薄くて、軽い(3mm, 重さ 89グラム)

Kickflip

Kickflip:とにかくスタイリッシュ、刻まれた blueLoungeロゴもかっこいい

値段もあまり変わらないので、姿勢や疲れが気になる方は、いますぐどちらか購入することをお勧めします。

kuma
kuma

本体に装着可能で、薄くて、どちらもオススメです!

コメント