スポンサーリンク

羽田空港国内線・おすすめ POWER LOUNGEでスタイリッシュな朝食を

スポンサーリンク
スポンサーリンク

航空会社のラウンジとカード会社提携のラウンジ

JALやANAにたくさん乗ってJGCやSFCになったら航空会社のラウンジが使えて、専用の保安検査場を通過すると、すぐその隣にラウンジがあるのは便利です。これは航空会社が提供するラウンジです。

一方で、羽田空港国内線にある、カード会社提携のラウンジである、パワーラウンジ(POWER LOUNGE)も、見逃せません。

POWER LOUNGEは対象のクレジットカードがあれば無料で入れる

保安検査場通過後であれば、それぞれ以下の場所にあります。

  • 第1ターミナル(JAL側):国内線北ウィング・南ウィングに1箇所ずつ、どちら側でも使いやすい場所に
  • 第2ターミナル(ANA側):国内線北ピア側のみ、エスカレーター上って一つ上の階なのでちょっと遠い場所に
    • 南側には内装が異なるカードラウンジはあります(エアポートラウンジ)

保安検査場よりも手前にある以下の場所は、到着後にも利用できます。

  • 第1ターミナル(JAL側):1階国内線到着ロビー
  • 第2ターミナル(ANA側):3階国内線出発ロビー

POWER LOUNGEは、クレジットカード(ゴールドカードなど)保持者は無料で使えるタイプのラウンジです。対象のクレジットカード一覧はこちらの一番下に。

羽田空港:ラウンジのご案内

カード会社提携のタイプのラウンジは、ほとんどの空港にありますが、POWER LOUNGEはとにかくスタイリッシュ

以降、国内線の航空会社ラウンジ(ここではJAL サクララウンジ・ANAラウンジのこと。最上級のダイアモンドラウンジではなく、JGC/SFC会員でも利用可能なラウンジ)との比較になりますが、

国内線での航空会社ラウンジとの違いは「朝食の時間帯にはパンが食べられる」こと。
ソフトドリンクの種類も多く、エスプレッソマシンで入れるカフェラテ(美味しい)などはもちろんですが、黒酢系、青汁系(青汁+豆乳)など、色々選べます。

内装もアメニティも、落ち着いた木目とグレーを基調にとにかくおしゃれ。この波打ったお皿、紙皿ですが、かわいくないですか?

早朝便は起きてすぐ空港に向かうのでいつもお腹ペコペコ。朝の時間帯は、POWER LOUNGE一択です!

制限区域外(=到着時にも利用可能な場所)にもオープンしましたが、これはまた改めて。

コメント