スポンサーリンク

2020年3月31日からANA旅作が生まれ変わる?キャンセル料に注意!JALはどうなる?

スポンサーリンク

「ANA旅作」は、2020/03/31から「ANAトラベラーズ ダイナミックパッケージ」に変わります。

今現在も「航空券+宿泊「ANA旅作」国内ダイナミックパッケージ」と、名前は似ていますが、違いを見ていきましょう。キャンセル料が実質改悪されます。

スポンサーリンク

ANAトラベラーズ ダイナミックパッケージとは

「ANA旅作」は、ANA公式サイトで購入できる国内ツアー(フライトとホテルを自由に組み合わせるパッケージ商品)です。2020年3月31日から「ANAトラベラーズ ダイナミックパッケージ」に刷新されます。

ANAトラベラーズ ダイナミックパッケージ | ANA旅作(国内 航空券+宿泊) | 国内ツアー | ANA
【ANA公式サイト】2020年3月31日、「ANA旅作」は「ANAトラベラーズ ダイナミックパッケージ」に生まれ変わります。航空券と宿泊プランがセットになったおトクなダイナミックパッケージ・国内ツアーANA旅作(タビサク)。国内ツアー・航空券・国内航空券・ホテル・レンタカーなど情報満載のANAの旅行サイト。

良いこと

  • 355日前から予約できる
  • 空席に応じた料金変動により、空席が多い便は安くなる(本当なら嬉しい)
  • マイルがたくさん貯まる(新たに「ツアーマイル」も積算されることに)

悪いこと:キャンセル料(取消料)が実質値上げ

  • キャンセル料が改訂される

以下の表2つ、ANAサイトより転載です。

この表より、最も影響が大きいのが例えば旅行の22日前にキャンセルするようなケースで、今までキャンセル料が無料だったところ、4,000円の取消料がかかります。(航空券が2区間の場合)

ANAダイナミックツアー

ANAダイナミックパッケージ

航空券取消料は、1区間あたりの料金。通常は往復の飛行機を取消すことになるので、これの2倍です。

キャンセル料詳細

上の表の備考欄に、

  • 上表の取消料は、当社旅行業約款募集型企画旅行契約の部「別表第一 取消料」、「一 国内旅行に係る取消料」、「(一)次項以外の募集型企画旅行契約」に定める取消料の上限と、下表により航空機利用区間毎算出した航空券取消料等の合計額のいずれか高い金額以内としています。

とあるので、2つの表で計算して高い方がキャンセル料になります。

※ここから先は、「旅行開始日=利用航空券搭乗日」かつ「飛行機利用は行きと帰りで合計2区間」として計算します。(通常、多くの旅行がこのパターン。乗継で航空券の区間が増える場合はさらに取消料が必要です)

※実際の取消料規定は、旅行申込時にご自身でご確認ください。本BLOGではANAサイト掲載内容からの個人的な理解であり、本BLOG内の情報を元に何か不利益を被った場合も責任を負いかねます。(特に日付の計算がややこしいですね。。。)

上の2つの表を合わせるとこんな感じ(個人的な理解)。

旅行契約解除の日 ANA旅作
(2020年3月30日予約分まで)
ANAトラベラーズ
ダイナミックパッケージ
(2020年3月31日予約分より)
旅行契約の締結時から
利用航空便搭乗日の前日から起算してさかのぼって
55日目にあたる日まで
無料 500円 x2
利用航空便搭乗日の前日から起算してさかのぼって
54日目にあたる日から21日目にあたる日まで
2,000円 x2
旅行開始日の前日から
起算してさかのぼって
20日目以降8日目にあたる日まで
旅行代金の20% 旧料金(左)と3,000円 x2 の高い方
旅行開始日の前日から
起算してさかのぼって
7日前以降2日前にあたる日まで
旅行代金の30% 旧料金(左)と6,000円 x2 の高い方
旅行開始日の前日 旅行代金の40%
旅行開始日の当日(航空便出発前) 旅行代金の50% 旧料金(左)と9,000円 x2 の高い方
旅行開始後の解除
無連絡不参加
旅行代金の100% 旅行代金の100%

なんだか値上がりしてますねえ。

キャンセル料は、新たに設けられた「航空券の取消料」と比較して高い方になるため、ツアー代金が安いほどキャンセル料改悪の影響を受けます。航空券2区間で計算すると、
・ツアー代金が1人 30,000円以下 → いつキャンセルしても値上がり
・ツアー代金が1人 30,000円〜40,000円 → 一部の期間で値上がり
・ツアー代金が1人 40,000円以上 → 影響なし

ツアー代金が25,000円の場合

 

旅行契約解除の日 ANA旅作
(2020年3月30日予約分まで)
ANAトラベラーズ
ダイナミックパッケージ
(2020年3月31日予約分より)
旅行契約の締結時から
利用航空便搭乗日の前日から起算してさかのぼって
55日目にあたる日まで
無料 1000
利用航空便搭乗日の前日から起算してさかのぼって
54日目にあたる日から21日目にあたる日まで
無料 4000
旅行開始日の前日から
起算してさかのぼって
20日目以降8日目にあたる日まで
5000 6000
旅行開始日の前日から
起算してさかのぼって
7日前以降2日前にあたる日まで
7500 12000
旅行開始日の前日 10000 12000
旅行開始日の当日(航空便出発前) 12500 18000
旅行開始後の解除
無連絡不参加
25000 25000

ツアー代金が35,000円の場合

 

旅行契約解除の日 ANA旅作
(2020年3月30日予約分まで)
ANAトラベラーズ
ダイナミックパッケージ
(2020年3月31日予約分より)
旅行契約の締結時から
利用航空便搭乗日の前日から起算してさかのぼって
55日目にあたる日まで
無料 1000
利用航空便搭乗日の前日から起算してさかのぼって
54日目にあたる日から21日目にあたる日まで
無料 4000
旅行開始日の前日から
起算してさかのぼって
20日目以降8日目にあたる日まで
7000 7000
旅行開始日の前日から
起算してさかのぼって
7日前以降2日前にあたる日まで
10500 12000
旅行開始日の前日 14000 14000
旅行開始日の当日(航空便出発前) 17500 18000
旅行開始後の解除
無連絡不参加
35000 35000

 

JALはどうなる?

私の知る限り、特にまだ案内は無いように思います。が、「個人旅行包括運賃」でgoogle検索するとヒットしたこの記事、え?金額ANAと一緒やん?!2020年4月1日から?!
国内線JALダイナミックパッケージも、22日以前のキャンセルの場合取消料がかかってしまうと考えられます。

個人包括旅行運賃・クラス J個人包括旅行運賃の取消手数料について- JAL国内線

JALサイトより転載

JALダイナミック

まとめ

パッケージツアーの場合、キャンセル料がかかるのが21日前、というのがこれまでの通例でした。ANA旅作に限らず、JALダイナミックパッケージや、他の旅行会社のパッケージツアーにおいても。

ANA旅作→ANAダイナミックパッケージの場合は取消料規定が発表されました。今回の変更は、「個人旅行包括運賃」の改訂に伴うものだと考えられます。JALの場合もおそらく同じ流れだと考えられます。他の旅行会社の場合は分かりませんが、4月以降のツアーは、申込時に取消料規定を丁寧に確認するのが良いでしょう。

一番影響がありそうな「予定していた旅行が3週間前くらいに急にキャンセルすることになった」「とりあえず早めに予約しておいて行けなくなったら3週間前までにキャンセルしよう」、のような心配がある旅行の場合、3月中に予約してしまうのが良いと思われます(※実際の取消料規定は、旅行申込時にご自身でご確認してくださいませ!)

コメント